低用量ピルのあれこれ

低用量ピルは妊娠を防ぐためや、生理痛の緩和、生理不順の改善などにも使われます。色々と使えるので女性にとってはメリットが多い薬と言えます。また、低用量ピルを上手く使ってホルモンバランスを整えるのもいいと思います。

脳から出るホルモンを調整する低用量ピルの効果

女性にとって、妊娠のタイミングを計ることは自らのライフデザインを考えるうえで必須のことと言えます。望まない妊娠を避けるために使われる避妊薬に低用量ピルというものがあります。効果が高く先進国では非常に広く使われています。また、避妊だけではなく生理不順や生理痛の治療に使われたりと、他にも多くのメリットがあります。
低用量ピルの避妊効果は、主に3種類あります。まず第一に、排卵が起こらなくなると言う作用があります。ピルには卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンに似た成分が配合されています。ピルを飲むとこの2つが分泌されている状態になり、妊娠した時と同じホルモンバランスになります。すると脳が「今妊娠している」と勘違いし、脳の中にある下垂体に作用し、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を調整、抑制します。すると卵胞の成熟が抑えられるため、結果として排卵が起こらなくなるのです。排卵が止まると生理も止まるため、旅行を楽しみたいときにピルを利用する女性もいます。第二に、ピルを飲むと子宮内膜が厚くならなくなります。そのため、受精卵が着床しにくくなり、妊娠しにくくなります。第三に、ピルは子宮頸管粘膜に働きかけ、精子が子宮に侵入するのを阻止します。この3つの効果が相互的に働くことで、高い避妊効果を出すことが出来るのです。
低用量ピルはコンドームと違い、女性主体で行える避妊法です。避妊効果もコンドームより高く、その点が主に先進国の女性に支持され、広く使われています。また、低用量ピルの大きなメリットの一つに可逆性があることが挙げられます。これは、服用をやめると再び妊娠が可能になると言うことで、女性のライフデザインをサポートすることに一役買っています。