低用量ピルのあれこれ

低用量ピルは妊娠を防ぐためや、生理痛の緩和、生理不順の改善などにも使われます。色々と使えるので女性にとってはメリットが多い薬と言えます。また、低用量ピルを上手く使ってホルモンバランスを整えるのもいいと思います。

低用量ピルと長期と調節について

低用量ピルは、子宮内膜症などの病気を治す力も持っており、同時に、よく有名なものですが、月経困難症を治すための薬としても、とても有効とされているものです。

月経困難症は、生理痛がとても辛い女性に当てはまるもので、その辛さは、生理が始まる2週間ほど前から、酷い腹痛や下痢、食欲不振や体重の増加などが長期にみられるものであり、とても大変な症状とされています。

また、月経困難症の場合には、子宮内膜症を患っておられる方もおり、同時に、月経困難症になると、酷いイライラ感と強い絶望の感情がでてきて、とても辛いものです。

そこで、産婦人科の先生に相談を行い、低用量ピルを使った、調節で、薬などを調節することで、この辛い月経困難症などを治す、このような治療を行われているものです。

実際に、低用量ピルが体に合うのか、それとも体に合わないのか?は個人差などもあり、すぐに体に合い、月経困難症が、低用量ピルの薬の調節のおかげで、すぐによくなった、このような方もおられれば、逆に、他に薬などを飲んでいたりする関係や、体質などから、まったく低用量ピルが合わない、辛い吐き気が来てしまった、このような症状になってしまう人もいます。

ただ、上記のように、体質に合えば、今まで辛かった、何度も長期間、苦しんできた月経困難症がとても改善され、日常生活や旅行などもとても楽しめるようになった、食欲不振や酷い憂鬱感もなくなった、とても効果が得られた、このような方々も多くおられるため、もし、生理痛があまりにも酷く、辛いという経験が何度もあるのならば、お医者さんの診断により、この低用量ピルの処方や調節について、相談をしてみると、体に合ったものを調節してくれるものです。