低用量ピルのあれこれ

低用量ピルは妊娠を防ぐためや、生理痛の緩和、生理不順の改善などにも使われます。色々と使えるので女性にとってはメリットが多い薬と言えます。また、低用量ピルを上手く使ってホルモンバランスを整えるのもいいと思います。

低用量ピルで太らないには?胆汁性の危険とは?

最近よく耳にするPMS。生理前に起こるさまざまな不調を意味している言葉です。女性にとってこのPMSは大敵ですよね。肌荒れが起きたりイライラが止められなかったり、生理が近づくととても憂鬱になります。生理前にこのような症状があるものの、生理が始まってしまうとすっかり症状が治まるので、しょうがないと思い特に治療を試みない人も少なくないようです。
でもこのPMS、実は軽視してはいけません。なるべく自分にあった方法で改善していくことが良いのです。その一つの方法が、低用量ピルです。すでにPMSの改善につながるということで、女性の間では一般的になっています。気軽に飲めてPMSや生理不順、生理痛が改善されるので、この低用量ピルに頼っている人も多いですよね。しかしその一方で、低用量ピルを服用したことで太ってしまったという声も多いのです。低用量ピルの成分は女性ホルモンなので、このピルを飲むことで、妊娠中や生理直前の女性の体つきになりやすく、脂肪や水分を溜めやすい体になるのです。その影響で、太ったと感じる人が多いようです。また、コレステロール値を上げ胆石症になるといった指摘も見られるようです。低用量ピルを服用している女性は、服用していない女性に比べて胆石のできる確率が高くなるそうです。しかしこのピルの服用だけが原因とも言えないので、もともと太らないような体質の人なのか胆汁性のものなのか等、意識しながら飲むことが必要ですね。
ピルの服用と合わせて食生活を改善するということも大切です。さらに軽い運動を加えることでも体調が安定しやすくなるので、生理前の不調、生理痛にも役立ててみましょう。低用量ピルのデメリットを克服できるかもしれません。